« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月18日 (土)

【05】 平和島

Heiwajima_5128_15t_940527   《「デハ712のデジカメ日記2007」に連動してみました》

平和島駅へ到着する川崎発北総線直通 「急行千葉ニュータウン中央」行です。

京急・京成をはじめ、首都圏の列車画像を豊富に紹介しているブログ「デハ712のデジカメ日記2007」では、8月に入ってから、朝の平和島駅での撮影画像を多く紹介しています。
お世話になっているデハ712さんからは、先日コメントをいただきました。ありがとうございます。そこで、お礼の意味も込めまして、私が平和島駅で撮った画像を紹介します。

《撮影するチャンスが少なかった8両編成の北総線直通列車》
平日の早朝から5000形撮影に出かけ、新馬場駅で上り列車を撮った後、平和島駅へ移動して捉えたものです。

撮影した1994(平成6)年当時、平日の日中と休日の北総線直通列車は、6両編成限定の空港線羽田駅発着だったために、京急線内で8両編成の「千葉ニュータウン中央」行を撮る機会は時間帯も含めて限られていました。

撮影当日の8両編成の千葉NT行の使用車両は覚えていませんが、2本目の15Tで捉えることができました。15Tの平和島発は7:11、下り普通列車が7:10でしたが、被られることなく編成全部が入りました。

このアングルは、夕方では逆光となるために、順光で撮るためには午前中の撮影となります。ところが、8両編成の千葉NT行は、休日午前はゼロ・平日午前でも3回しかありません。そのうえ、その限られた運用は5300形と5000形との共通運用ですから、5000形で撮れるチャンスはさらに少なくなってしまいます。

平和島駅 午前8両編成千葉NT行時刻表 1994(平成6)年4月1日改正
(平日) 05T 6:24    15T 7:11   13T 9:02   3本とも川崎始発
(休日) なし

▼5125-5128は1968(昭和43)年10月泉岳寺-西馬込間開業向け5次車で登場(近畿車輛製造)、1996年1月10日廃車。
(1994(平成6)年5月24日撮影)

続きを読む "【05】 平和島" »

【04】 京成大和田

Oowada_5121_29t_1 車両がとりわけ小さく写っている画像からの紹介で失礼します。大和田駅へ向かってくる「急行 西馬込」行を撮りました。

《築堤の上を行く地下鉄電車》
高架線の少ない京成線内で、電車が築堤上を走る姿を、離れた位置から眺めるのはいいものです。青電以降の歴代の塗装には赤系統の色が用いられていて、それが電車の姿を遠くから目立つものにしてくれます。
京成電車に似たカラーを採用した都営車も同じです。塗装変更後も、赤帯1本が遠くから映える存在です。

大和田駅の佐倉・成田方は、築堤に加えて、折返用の引上線があるために、線路敷が通常の複線よりも広がっています。それもあって、広がる光景を記録したいと思って撮ったのですが、先頭車にかかる電柱が色違いということもあって、目障りな存在です。

そもそも、シャッターを押すタイミングを、先頭車が左カーブを終えたあたりで狙ったほうが、もっと編成全体が綺麗に収まったのかもしれません。ただ、このときは、長く伸びる8両編成を捉えることにこだわり、電柱と電柱の間に前面が来たときに撮ることに執心していました。

この日は、29Tに5000形が充当されているのを確認して、成田行を撮影後、大和田へ移動して待ち構えました。1991年(平成3)年の北総線直通運転開始後は、もともと少ない本数がさらに減少していた、平日の京成線直通急行運用でした。

Oowada_5121_29t_2 大和田駅へ到着します。
対向列車もなく、いい感じで撮れているのですが、かなりぶれてしまっています。

無理やり補正をかけています。

左に見える引上線は長らく普通列車の折返し用でしたが、40年近く前には優等列車の折り返しもありました。 

 1968(昭和43)年5月の改正(都営浅草線泉岳寺延伸開業は翌月の6月)で、大和田ー大門(6月21日からは泉岳寺)を結ぶ急行列車が設定されました。列車は、この引上線を利用していたものと思われます。
ただし、同年11月の西馬込延伸開業時の改正で、急行列車の運転区間が西馬込ー佐倉と両端が延伸された形となり、大和田折返しの設定は数ヶ月の短期間のものとなりました。

▼5121-5124は1968(昭和43)年10月泉岳寺-西馬込間開業向け5次車で登場(近畿車輛製造)、1995年10月14日廃車。
(1995(平成7)年3月撮影)

続きを読む "【04】 京成大和田" »

【03】 大町

Oomachi_15t_19940531 北総・公団線の区間で最初に紹介するのは大町駅です。緑を背景にした、直線状に伸びる高架線を走る姿が印象的な場所です。

大町は、1991(平成3)年3月の北総線新規開業区間のうち、既開業区間の新鎌ヶ谷駅の西隣の駅で、新京成線の車庫のあるくぬぎ山駅(鎌ヶ谷市)とは南北約1kn程度離れた位置関係にあります。

駅の所在地は市川市ですが、松戸市と鎌ヶ谷市の境界も迫っており、駅北側はすぐ松戸市です。
 画像の背景の緑は、鎌ヶ谷市の鎌ヶ谷カントリークラブと思われます。地図で確認してみると、高架線と周囲の光景がミスマッチとすら思える理由がわかる気がします。

撮影したのは平成6年5月、開業後3年が経過していますが、まだまだ開業まもない鉄道という雰囲気を保ち、周囲は開発余地が多くあると感じられる場所でした。

▼5101-5104は1968(昭和43)年5月泉岳寺-大門間開業向け4次車で登場(日本車輛製造)、1995年4月28日廃車。
(1994(平成6)年5月31日撮影)

続きを読む "【03】 大町" »

2007年8月10日 (金)

更新情報

◎2010年12月4日、大変久しぶりに更新しました。今回は思うところを書いてみました。

◎6月21日【お知らせ】最近のリバイバルカラー登場で、青をキーワードに検索訪問される方がいらっしゃいますが、濃緑&淡緑カラーの電車の画像はこのブログにはありません(ファイヤーオレンジ変更後のみ)ので、よく検索される記事を一時的に閲覧できない状態にします。

6月23日アルバム「撮影した京成電車」 24枚掲載で開設です。
☆6月17日【京成高砂】 1985年10月~を掲載しました。
▲2月1日【07】神武寺~【09】白井と営団3000カテゴリー記事を移動しました。:【01】黄金町~【09】白井はメイン記事カテゴリーにて継続してご覧いただけます。
☆2009年1月21日:【10A】高輪台<その1>を掲載しました。
▲2008年9月5日:5300形カテゴリーの記事を移動しました。
☆2007年9月19日:【5000形の塗装】を書きました。
★2007年7月20日開設。訪問ありがとうございます。挨拶文です。
◎メイン記事で「続き‥」をクリックすると、更に画像があります。

※平成21年5月26日更新も滞り恐縮です。今回はお願いの文言だけ追加しました。
※おしらせ 当ブログ掲載の、私が執筆した文章や撮影した画像は無断で転載しないでください。最近、私が撮影した写真そっくりの画像を掲載しているブログを見かけました。撮影年月日が異なるのですが、見る限りでは、私が撮影した画像そのものです。

当人はおそらく、当ブログからではなく、検索した際に見かけた画像を拝借したにすぎないのかもしれません。そうであったとしても、ご自分で撮影していない画像であれば、引用元を明記するなり、webから入手した画像と記事の中に書いておくのがエチケットです。

※おしらせ2 コメントのブログへの反映は事後制とさせていただきます。トラックバックは以前より事後承諾にしています。

2007年8月 4日 (土)

【久しぶりに時刻表とにらめっこ】

★はじめに
時折、本文とは異なる趣の文章を書いてみます。本線とは別モノですので、新着記事でもTOPページには表示しません。隠れた存在にしてみようと考えています。よろしくお願いします。

★開設後すぐにアドレスを変更しました。
開設僅か5日で別のブログへ引っ越しました。(2007.7.20開設・7.25移転)
理由は、広告に納得できない分野までが表示されたことで、使いたくなくなったからです。ニフティユーザーは、広告なし無料ブログを1つだけ開設できるのですが、試しに設定したままずっと忘れていました。そのブログを引っ張り出して、アドレスにtoei5000を組み込んで、より都営5000形のブログらしくしてみました。広告非表示になり心配の種がなくなって、安心して使えます。

★まだ検索できません。
コンテンツが少ないので、検索されない設定にしています。9月くらいに検索可能な設定にするつもりです。

★久しぶりに時刻表とにらめっこ
やっとタイトルの内容です。プロフィールでも触れていますが、趣味活動の比重は路線バスが重くなっています。ここ4年間、バスもまともに撮っていませんが、鉄道はさらに長く平成10年以降はほとんど撮っていません。インターネット環境が整ってからは、「撮りたい画像もweb上で拝見できるのだから、自分が撮らなくてもいいか」、という感覚になっています。鉄道好きは変わりませんが、活動的ではなくなっています。

ダイヤ改正・修正時に発刊される京急線や京成線の時刻表は、今でも欠かさず購入していますが、こちらも利用頻度は大幅に低下してしまい、ダイヤ改正直後に発行の鉄道雑誌やHPの情報とを照らし合わせするくらいで、すぐに書棚に並べておしまいです。

今回、ブログを制作するにあたって、当時の状況を確認する目的で、都営5000形引退以来ではないかと思うくらい、久しぶりに平成7年までの「京成電車時刻表」「京浜急行全駅標準時刻表」を書棚から取り出してみました。

10年以上経過していますが、当時撮影に携行し、書き込みもある時刻表を見ているだけで、当時のことをいろいろと思い出しました。5000形の運用探し、撮影のための列車探しや変わりモノ列車探しで、食い入るように時刻表を眺めていた効果は大きいです。当時チェックしていた列車も思い出してきました。概説で改めて書きますが、それぞれの時刻表の持つ特徴(京成版は列車番号と編成両数記載・京急版は通過すると行が変わる)は大いに役立ちました。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO