« 【07B】 神武寺 B (新逗子) | トップページ | 【5000形の塗装】 »

2007年9月16日 (日)

【07A】 神武寺 A

Jimmuji_5101_21t_940705 《横浜市金沢区を越えて逗子市へ》
神武寺は京急逗子線の終点新逗子の1つ手前の駅です。
 隣駅の六浦は横浜市金沢区、神武寺は逗子市内で、いよいよ終点に近づいた感のする駅です。駅そばに小高い山がそびえ、駅東側は米軍住宅の敷地ということもあって、駅ホーム周囲は静かな場所です。

都営車にとっては、逗子線は京急線への長距離乗入れ先でもあり、1981年以降10数年にわたり、逗子線でも活躍の姿が見られました。

《山をバックに》
京急線は南太田以南ではトンネルも点在する地形になり、小高い山や丘も沿線にみられます。
 そのなかで、山をバックに撮影できるポイントとして、神武寺駅に注目しました。この画像は、京急800形の乗務員室仕切窓越しに新逗子行5000形を撮ったものです。狙っていたというよりは、たまたま撮影できたようなものです。架線柱が気になりますが、うまいこと山を背景にした写真が撮れました。
撮影は1994(平成6)年7月5日、5000形にとっては最後の夏となる季節でした。

▼5101-5104は1968(昭和43)年5月泉岳寺-大門間開業向け4次車で登場(日本車輛製造)、1995年4月28日廃車。

《日中も逗子線内を走った21T》
新逗子(1981年ー1985年間は逗子海岸)まで乗入れる運用では、折り返しでそのまま都営線まで戻る運用だけでなく、神奈川新町までの京急線内急行運用につくことが、よくみられました。
ところが、この21Tは、都営線からの直通運用とは無関係に新逗子までの運用に入り、神奈川新町ー新逗子・金沢文庫ー新逗子の急行運用に充当されていました。そのため、北総・京成線からの新逗子行が朝のうちに折り返していくのに対して、21Tは日中でも逗子線内を走っていました。

Jimmuji_809_11d_1024 《こちらが当時の定番》
京急800形6両編成の急行列車です。当時の逗子線急行は800形が主力で、800形が担当する数少ない優等列車でもありました。
先頭は809-1。

現在は運行形態が大きく変わりました。1999(平成11)年7月31日改正で、逗子線を含めた川崎以南の急行列車が廃止され、現在では急行列車の800形をこの駅で撮ることはできなくなりました。

《上屋の少ない駅》
このまま230形を配置しても違和感がなさそうな、短い上屋と背景の山との組み合わせが、長年変わらぬ光景という気がします。

品川ー横浜で見せる雰囲気と異なるものを感じます。それだけに、地下鉄車両の5000形との組み合わせも撮りたくなったのでした。

Jimmuji_5101_21t_1025 《神武寺出発、トンネルそして3線区間》
神武寺駅出発後の様子です。駅を出てすぐにトンネルに入るので、その様子を撮るべく構えています。

あいにくというか、新逗子行とすれ違ったので、この画像ではトンネルが見えません。

Jimmuji_5101_21t_3rail_2 《3線区間スタート》
列車のすれ違いも終わり、小さくなりましたが、トンネルに入る様子とともに、3線区間のはじまりもあわせて撮れました。

JR新幹線と同じ1435mm軌間の京急線の線路に、JR在来線の1067mm用のレールが敷かれているのです。これは、金沢文庫ー金沢八景間にある東急車輛製造の工場とJR横須賀線逗子駅を1067mm軌間で結ぶ線路です。

東急車輛で製造された鉄道車両を、京急線と線路が繋がっていない会社向けに鉄道輸送で発送するため、JR線を使って移動します。JR線への連絡の役割を担っています。

Jimmuji_area 京急線ホームから見える位置に建植されている「財産分界点」標識

« 【07B】 神武寺 B (新逗子) | トップページ | 【5000形の塗装】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【07A】 神武寺 A:

« 【07B】 神武寺 B (新逗子) | トップページ | 【5000形の塗装】 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO