« 【06】 五反田 | トップページ | 【07A】 神武寺 A »

2007年9月16日 (日)

【07B】 神武寺 B (新逗子)

Jimmuji_5108_21t_2 

《新町は表示できるようになったけれど》
急行新逗子発金沢文庫行です。全駅各駅停車ですが、急行列車として設定され、列車にも「急行」表示がなされます。

ところが、5000形の行先表示幕には「文庫」あるいは「金沢文庫」「新逗子⇔文庫」の設定がなく、このように行先名なしの急行列車で運行されています。途中3駅停車の列車ですから、案内放送等でフォローできるものと思われます。

都営車には「成田空港」・「戸越」等、頻繁に使用されることのない行先表示が複数用意されていたのに、撮影当時毎日使用する行先表示「文庫」がないのです。
以前も神奈川新町行の行先表示の設定がなく行先表示幕が白幕のまま、運転室内部(正面向かって左の窓内側)に「神奈川新町行」の札を掲げて運行されていました。その後、電動幕化の際に「新町」は挿入されたものの、「文庫」は設定されず、また短区間運行の故かサボの掲出もなく、このような白幕となったようです。

▼5105-5108は1968(昭和43)年5月泉岳寺-大門間開業向け4次車で登場(日本車輛製造)、1995年4月28日廃車。

Jimmuji_5101b_21t

《池子の緑が神武寺駅の雰囲気をつくる》
前画像・そしてこの画像共に、樹木が豊富な光景を見せてくれます。
いい雰囲気だなと思う反面、この光景は逗子市の行政で大問題になった池子弾薬庫跡地に建設された池子米軍家族住宅のおかげでもあります。

手許の道路地図でも、逗子市池子のうち、京急逗子線北側部分は何の記載もない広大な地域になっています。駅南側には東逗子団地・アザリエ団地が造成されているものの、駅の東側をバックにすると自然豊かな場所に写るのです。

Jimmuji_5108b_21t 《上屋の短い駅ホーム》
ホームからは1段低い位置の構内踏切前から撮っています。列車は出発直後の様子ですが、それにしても上屋の短さに注目です。木製柱のいい感じです。

変わりない光景に加えて、変わりないホーム、これが神武寺の特徴です。これで終点新逗子へ到着すると、対照的な駅前の賑やかさを感じます。

Shinzushi_7002_71n_940705 《1枚だけ撮った新逗子駅ホーム》
逗子線の終点、新逗子駅はこの1枚しか撮っていません。 撮っておきたい光景が見当たらず、たまたま北総車が停まっているからと撮ったこの画像が唯一の新逗子駅の写真です。

ドアが閉まって出発する瞬間に撮ったので、ホームは無人です。

新逗子駅は、ホーム延伸のために逗子海岸ー京浜逗子の間に建設された駅です。複線線路敷を活用したことで、ホーム1面単線の駅となりました。

延々乗り入れてきた都営車・北総車の終点なのですが、神武寺のような遥か遠くまでやって来たという雰囲気が感じられません。1980年代に建設された無難な駅ホームデザインといえます。

《北総車も「新町」表示》
撮影当時、北総車は北総線からの新逗子直通列車の設定はありませんでしたが、川崎到着後、行先を変更してさらに新逗子まで乗り入れる運用がありました。それが71Nです。新逗子で神奈川新町行として折り返した後新町区で昼寝となっていました。これも8両編成が運用できない北総線ー羽田運用が日中幅を利かせるためです。

北総車も都営車も行先表示は、京急表示に倣い“神奈川”を省いた「新町」表示でした。

« 【06】 五反田 | トップページ | 【07A】 神武寺 A »

コメント

最後の北総7000形は超貴重な画像だと思います。
もともと北総は自社車両が少ないため、他社線内の運用に入ること自体少なかったので、新逗子始発で新町止まりの運用は大変珍しいと思います。

現在では都営線が事故などで不通になったときごくまれに品川で折り返しになる、いわゆる「封じ込め運用」がありますが、本線急行が羽田空港ゆきに特化して、他社車両の運用が整理されている現状では、まず絶対見られない姿だと思います。

また幕が京急式の「新町」になっているのも驚きです。今のやや過剰気味の表示に比べすっきりとして非常に好ましいですね。

デハ712さん、コメントありがとうございます。

ガラスに竹はしごがはっきり反射してしまっていますが、新町表示の北総車を撮っておいてよかったと感じています。

北総車の新町行は、手持ちの時刻表で確認する限りは、羽田駅開業時の1993年4月から1995年4月までの2年間だけの急行新逗子発新町行だけとみています。
1995年以降、1999年7月改正で急行新逗子行が廃止までの間は、新逗子からは北総線への直通列車の設定だけで、新町行はありませんでした。

使用車種のバラエティさが売りの北総車も運行区間が単純化されていることもあり、今後も新町表示は望めない可能性が濃厚です。そして、仮に現在あったとしても京急車に倣い「神奈川新町」と表記するのでしょう。

都営も北総も「新町」なのが面白いです。5000形もサボでは「神奈川新町」だったのに、方向幕では「新町」でした。
LED表記の5300形も、平成6年に黄金町で撮ったときは「新町」表示でした。

駅名を正しく表記することも必要ですが、短縮することで判りやすくなります。京急電車の行先に「京急」は不要では、と思っています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【07B】 神武寺 B (新逗子):

« 【06】 五反田 | トップページ | 【07A】 神武寺 A »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO