« 【07A】 神武寺 A | トップページ | 【「列車」番号と「運行」番号と「運用」番号】 »

2007年9月19日 (水)

【5000形の塗装】

保育社のカラーブックス『都営地下鉄』(1982.12初版・1987.12重版)を読んでいたら、5000形の塗装に関する記述がありました。参考に、こちらに記載しておきます。

同書の執筆者、山田玉成さんは、発刊当時東京都交通局の車両部長を務めていらした方です。

《5000形の塗装》
【登場時の旧塗装】

ステンレスの飾り金に縁取られた90mm幅のメタリックシルバーの帯
上部がタウンベージュ 下部がタンジェリン  

【1981.7.10 塗装変更後=引退時の塗装】
ライトタウンベージュの車体に360ミリ幅のタンジェリンの帯 

(塗装変更理由)
イメージの一新、補修費の軽減、軽快でフレッシュな感覚を表現、地下鉄ラインカラーを考慮、視認性の保持、塗装工程の短縮、塗料種類の減少による作業の効率化

◇参照文献
○山田玉成・諸河 久、『日本の私鉄21 都営地下鉄』カラーブックス 589 保育社(1982.12.5初版 1987.12.1重版)

(勝手なコメント)
地下鉄ラインカラーは、都営浅草線は桃色でしたので、それに近い色を全体に纏うようにしたものと感じます。  

《その他の車両》
【5000第6次車=5200形】
セミステンレス製の無塗装 窓下に朱色の帯
【5300形】
アーバンホワイトを基調 ダークブラウンの帯を窓下
アルミ車体ですが、東京メトロ車両とは異なり塗装しています。

◇参照文献
○岸上明彦、 「私鉄車両めぐり[166]東京都営地下鉄」 雑誌『鉄道ピクトリアル』2001年7月臨時増刊号【東京都営地下鉄特集】

《京成電車の塗装》
5000形旧塗装が似ていると感じる京成赤電塗装も記載してみます。
【赤電・いわゆる「旧3000系」】
・3000登場時 上下:ダークグリーン 窓回り:ライトグリーン (青電と同じ)
・いわゆる赤電 上部;クリーム色(モーンアイボリー) 下部:赤(ファイアオレンジ) 境目:灰色(ミスティラベンダー) ステンレス帯金で縁取り

【1980年の塗装変更後】
全体:赤(ファイアオレンジ) 帯:クリーム

【1993年7月の塗装変更後=現行塗装】
基調:グレー アクティブ・シルバー 帯:赤(ヒューマン・レッド)「京成レッド」 青(フューチャー・ブルー)「京成ブルー」

・カラーリングテーマ:「生活・人間・未来」
アクティブ・シルバー:「清潔、力強さ」
ヒューマン・レッド:  「情熱、暖かさ、前進」
ヒューチャー・ブルー:「理知、未来」


◇参照文献
○佐久間健二、「車両総説」 雑誌『鉄道ピクトリアル』1997年1月臨時増刊号【京成電鉄特集】
○高橋眞一・吉田崇、「車両総説」 雑誌『鉄道ピクトリアル』1997年1月臨時増刊号【京成電鉄特集】、P41
※『いわゆる「旧3000系」』という表現は、上記参照文献に用いられていました。

3400形のカラーリングが正式に鋼製車塗装に採用されています。
○清水訂、『鉄道ピクトリアル』1993年9月号

※AE車の全体色は「グローバルホワイト」 

« 【07A】 神武寺 A | トップページ | 【「列車」番号と「運行」番号と「運用」番号】 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139021/16497109

この記事へのトラックバック一覧です: 【5000形の塗装】:

« 【07A】 神武寺 A | トップページ | 【「列車」番号と「運行」番号と「運用」番号】 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO