« 【5000形の塗装】 | トップページ | 【08B】 京成中山 »

2007年9月30日 (日)

【「列車」番号と「運行」番号と「運用」番号】

★無意識でした
当ブログでお世話になっている書籍『京急ダイヤ100年史 1899~1999』の著者、吉本尚様のwebでの発言が勉強になりましたので、こちらで紹介いたします。拝読後、ブログ内の表記の見直しをしているところです。

内容は、「運転」「運用」「運行」という言葉の混同に関するものです。

このブログでは、撮影した列車を記述するのに列車番号を用いています。都営浅草線と乗り入れ相手の事業者では、列車番号は始発駅の発車時刻順に数字が増えていくのではなく、運行番号を基準に、始発駅出発時刻を頭につける形をとっています。この付番方法の利点は、車両がどの列車へ折り返すのかが容易にわかることです。例えば列車の前面に23Tと記載した車両の場合、時刻表で下2桁が「23」の列車を辿ることで、23Tに充当している車両の動きがわかるのです。

ところが、この数字は万全ではありません。かつて都営車に6両編成と8両編成が混在していた頃、6両編成だった23Tが、途中から8両編成の23Tに変わっていたことがありました。これは実際には車両交換が行われていたことを示しています。(都営車は日常的に増結・解結はしません)
このことは、『京成電車時刻表』に編成両数の明記があったおかげで外部の者にも推測できました。(都営車が全て5300形8両編成に統一された現在ではできないでしょう)

そして、運用番号であれば、その日1日は同じ数字を使い続けるのが原則ですので、列車の前面に表示される2桁の数字は「運用」番号ではないことになります。これは「運行」番号だというのが、吉本尚様の発言です。このあたりの区別をこれまで意識しないままでいました。

★見直し第1弾、「ブログ内の表記について」
ここでは、必要な部分を引用してみます。(下線は引用元になし)>>>>
2.列車番号表記は、下2桁奇数+の表記に統一します。
列車番号記載で参照しているのが『京成電車時刻表』です。都営・京急の市販時刻表には長らく列車番号が掲載されませんでしたので、『京成電車時刻表』の記載を優先します。

都営浅草線系統の列車番号は、上1-2桁が始発駅を出発する時刻、下2桁が運行番号、数字の後のアルファベットが所属事業者を表わします。
この下2桁の数字を辿ることで、おおよその列車運用の流れが掴める仕組みになっています。(車両交換や列車番号が変わることもあるので注意も必要)
>>>>>>>>以上、引用終了

下2桁は「運行」番号と書いていたのですが、どの書籍を引用したのか忘れてしまいました‥。
(【追加】:Wikipedia「列車番号の付番方法」東京都交通局を参照して書いたようです。)

★勉強になりました
当ブログでお世話になっている書籍、『京急ダイヤ100年史 1899~1999』の著者、吉本尚様が開設されているHP『京急ダイヤ100年史 吉本尚の鉄道ダイヤを楽しむページ』内の掲示板、『新“PARLATA”ーーおしゃべりの部屋』の2005年5月5日に、「運転・運用・運行(雑談)」というタイトルで、勉強になる投稿をしていました。

以下、掲示板文章の一部引用です>>>>>>>>
「運転」「運用」「運行」
これらの語には厳然とした違いがあるのですが、趣味者の間ではかなりいい加減な使われ方がされているようにも思います。

運転:車両(列車)を走らせるオペレーションのこと。「運転士」「上手な運転」「乱暴な運転」「回復運転」など。
運用:車両(編成)の使い回し。「車両運用」「2100形の運用」「付属編成の運用」「余裕のある運用」など。
運行:列車の走らせ方。「900A列車の運行」「定時運行」「運行再開」「列車運行図表(ダイヤグラム)」など。

ただし運行、運用というのは業務用語なので日常生活では「運転」で代用されています。たとえば「臨時列車の運転」。
これは業務的にいえば臨時列車の「運行」で、その「運転」は運転士さんの仕事。

「運用」と「運行」は趣味者の間でよくごちゃ混ぜに使われています。
京急には「運行番号」というものがあり(1A、3B、11Hなど)「運番」とも略されますがこれを「運用番号」という人もある。
私もかつて区別が付かずにいた時期もあるのですが、京急の場合は明らかに運行番号です。

運用番号は車種や編成両数などを主体とした付番で、列車種別が変わろうが出庫時から入庫時まで変わらないのが通則。これは小田急のダイヤなどに見られます。

(小田急の事例を紹介している部分は省略します)

京急の場合はそうではなく、11Aなどの付番は車種ではなく列車種別を表してます。だから折り返し時などに列車種別が変わると、伴って付番も変える(11A→11Cなど)。
運番を見ただけでは組成表を参照しないと使用車両はわからない。運用番号ではないということです。

>>>>>>>>>>>引用はここまでです。

都営浅草線を走る列車の場合、3-4桁数字+アルファベットが「列車番号」、下2桁数字+‥が「運行番号」で、「運用番号」はそれらの数字と同じとは限らない(全く別個の数字かも)という関係になります。この文章を読んで、「列車番号」と「運用番号」と「運行番号」の区別が理解できました。このブログは専門家向けではありませんが、これらの用語の意味の違いを意識して今後は記述していきます。

長文にしてまで語ることか、とツッコミがありそうな文章で恐縮です。

★気になる部分を概略で紹介
引用文で省略した小田急の事例紹介の部分を、概略で触れます。
小田急のダイヤには列車毎に「運用記号」が付けられていて、これを見ることで、形式と編成両数の組み合わせがわかるのだそうです。おかげで6両+4両の2編成連結の10両連結でも、各編成の形式がダイヤを見るだけで掴むことができます。増解結の多い京急線には向いている方式と思いましたし、吉本様の発言も、京急の現状から小田急方式の採用を提案する内容になっています。

« 【5000形の塗装】 | トップページ | 【08B】 京成中山 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【「列車」番号と「運行」番号と「運用」番号】:

« 【5000形の塗装】 | トップページ | 【08B】 京成中山 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO