« 【5300形画像】 京急空港線を走り始めた頃 | トップページ | 【5300形画像】 京急線黄金町駅 »

2008年5月15日 (木)

【5300形画像】 北総線内上り急行列車

5300形画像の紹介をしていますが、改めて感じるのは急行列車の運転区間が減少していることです。京急・京成共に、都内だけの短区間の運転にとどまっており、急行以外の優等列車が通過するための対策で残されているようにもみえます。

そして、北総線でも上り方向(高砂方面)の急行列車は現在設定がありません。
2001年のダイヤ改正で急行から特急への格上げという形で所要時間短縮を実現したときに、上り急行列車は消滅しました。下り方向の優等列車は、特急列車に格上げされることなく、急行列車のままです。

今回紹介するのは1枚だけ撮影していた、北総線内を急行運転している5300形です。急行灯は点灯しているものの、京成線直通急行列車とは異なり「急行」円盤は未装着でした。また駅の通過があるのは北総線内だけで、京成線・都営線内は各駅停車でした。
Matsuhidai_5300 5308号車の編成 松飛台駅を通過する19T 急行 西馬込行です。

北総線の優等列車は設定当初から都営車による運転もありました。5000形も、画像の5300形と同じ19Tに充当された姿は見ているので、北総線内を急行列車で走った実績はあるはずなのですが、撮影も目撃もしないままでした。
(19Tは1994年4月改正時より、北総線内急行列車運用を設定)

北総線の優等列車の設定年月日は、北総鉄道HPの会社概要サイトの会社沿革欄に記載されています。
1993(平成5)年4月1日   急行運転の開始
2001(平成13)年9月15日 特急運転の開始

また、北総線の優等列車の変遷に関しては、衆議院議員(千葉9区選出) 水野賢一議員のHP内のブログに触れた記述があります。(けんいちの主張 2001年8月17日付 特集:北総・公団線 -運賃、成田への延伸、ダイヤ改正 「速達性の向上について」参照)

北総線の優等列車の運転本数や歴史的変遷は改めて概説カテゴリーの記事で取り上げる予定ですので、ここでは撮影画像と参照サイトの紹介にとどめさせていただきます。

« 【5300形画像】 京急空港線を走り始めた頃 | トップページ | 【5300形画像】 京急線黄金町駅 »

コメント

おはようございます。
93年4月に北総開発鉄道(当時)は急行運転を開始しましたね。2001年に特急運転が開始するまでは上下線とも運転していましたが、現在は下り方向のみとなり、上り行きによる運行は全て消滅してしまいました。昨年引退した北総7000の写真集には上り急行に充当した写真が掲載されていました。

上り急行ですが、急行運転は北総線内だけだったのは知りませんでした。現在の下りダイヤでは京成・北総線内を急行運転するのと、北総線内だけ急行運転する2種類があります。私としてはどちらかに統一して欲しいのですが、浅草線系統のダイヤが複雑である以上難しい面があります。

成田高速鉄道が開業する2010年以降、北総線の急行は残るのでしょうか?親会社の京成と同じくこちらも種別の再編があるかもしれません。現在は京急・京成とも急行運転区間が縮小されたこともあり、影が薄い存在になってしまったのは否めません。

A80&481さん
コメントありがとうございます。

北総線直通の急行列車の事例も含めて、列車の運転パターンや優等列車の種別数や停車駅の変遷等、都営浅草線に関わる運転形態は複雑になっています。
私は現在、京成押上線を普段利用しないために、現在の運転形態から生ずるわかりにくさや案内不足を実体験していません。その面でこのブログの記事も突っ込みが足りないです。

成田高速鉄道開業後の時刻設定にも注目しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139021/41211538

この記事へのトラックバック一覧です: 【5300形画像】 北総線内上り急行列車:

« 【5300形画像】 京急空港線を走り始めた頃 | トップページ | 【5300形画像】 京急線黄金町駅 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO