« 【5300形画像】 北総線内上り急行列車 | トップページ | 【5300形画像】 馬込検車場 »

2008年5月25日 (日)

【5300形画像】 京急線黄金町駅

※今回紹介する画像は、既に【01】黄金町にて掲載済みの画像の再掲になります。

黄金町駅は、京急線では珍しい島式ホーム1本だけの駅です。横浜側の先端に立ちますと、下り列車がなだらかな右カーブを走ってホームに入線する様子が見られます。8両編成であれば編成全体が無理なく画面に収まる感じです。そこで5000形が引退する前に一度は撮っておきたいと思い訪問しました。1度目は逆光状態であったために、下り列車の撮影は諦めて、順光状態となっている上り列車を撮影しました。
再挑戦は冬の朝としました。太陽が夏よりも低い位置になるので、逆光にはならないだろうと思ったからです。こんな単純な思考だけで、再び黄金町駅ホームに立ってみれば、光が弱い状況でしたが、このくらいであれば撮影可能です。

Koganecho1_5313_35t

もっと列車が近づいたところで撮れば架線柱にかからずに済んだのでしょうが、ファインダーからのぞいているときは、これ以上待っていては画像から切れてしまうかもしれない、という心配な面も出てきて、結局このような画像になっています。
被写体の車輌に関するデータは、【01A】黄金町【01B】黄金町 2の本文を参照してください。

Koganecho1_5320_43t

こちらは上り列車と重なってしまいました。これでは、この位置で撮る意味があまりないと感じてしまいます。

Koganecho2_5311_43t

こちらが、1度目の黄金町訪問時に撮影したものです。下り列車は撮影断念した分、上り列車では順光状態です。

ここでは、下り列車とすれ違うときも考慮して待ち構えていましたが、幸い下り列車が通り過ぎた後にやって来ました。

太陽光線がよすぎて行先表示が見にくいのですが、この列車は急行 新町行です。新逗子まで運転後、神奈川新町行となって、一旦車庫に入庫、しばらく停車の後、子安駅から営業運転を再開します。
車両に関するデータは、【01B】黄金町 2の本文を参照してください。

逗子直通運転の列車の歴史は、概説カテゴリーで紹介しています。【逗子直通急行に関して】(1)【逗子直通急行に関して】(2)【新逗子発千葉ニュータウン行】【新逗子発都営線直通 都営・北総車両】を参照してください。

《最後に》
5300形営業運転中の画像の紹介は、今回で終了です。
意識せずに撮っていたものばかりですが、その画像には現在見ることができない行先表示・急行列車の姿が記録されていました。5000形撮影の練習や5000形がやってくるまでの合間に撮ったものが、年月の経過とともにひとつの記録になります。

反面、5300形が飛躍した1998年以降の記録は撮っていません。興味や関心が別のところに向いていたからです。ですが、ちょうどインターネットによるHPの開設が始まり、デジタルカメラの普及期にもあたることもあって、web上でエアポート快特や特急・快速での画像、京成上野へ向かっていたときの画像を拝見することができ、楽しんでいます。
 羽田空港~成田空港直結列車は、設定時の本数の少なさに当時は不安を感じていましたが、結果的には数年だけの試みに終わった形になっています。もう少し年月が経過して振り返ってみたときにも、1998年羽田空港駅開業時から1999年の新逗子直通急行列車廃止までのわずかな時期が5300形黄金時代とも表現されるような気がします。

話題にするのが早すぎることですけれども、5300形は短期間に大量に新車導入されています。そして21世紀に入ってからの、いわゆる大手の鉄道会社では、大量の新車導入による短期での車両置き換えが関東のJR・民鉄を問わず実施されています。(JR東海の113系等の旧国鉄車両の引退も急速でした) これらの状況をみますと、5300形が引退するとなったときには、4年かけて営業運転から撤退した5000形よりも、もっと短い期間で引退していくのかもしれません。

« 【5300形画像】 北総線内上り急行列車 | トップページ | 【5300形画像】 馬込検車場 »

コメント

都営地下鉄浅草線の車両は現在、京急の羽田空港までの乗り入れですが、今(2008年)から2年前に上大岡や追浜で急行で運転しているのに乗った事があり今では京急の京急蒲田~三崎口間の運転は、珍しいと思います。京急のBトレは新1000形ステンレス製などを持っていますが、都営浅草線の車両がBトレでないので残念ですそのため京急のBトレ100形ステンレス製などを行き先シールを都営浅草線乗り入れ(青砥など)にしています。

こんばんは。
5300形の黄金時代ですが・・・
京急線は大師線と浦賀口を除く全線、京成線は千葉・金町線を除く全線、北総線全線と運用範囲が広かったことが挙げられますね。

現在都営車の京成線乗入区間が押上~成田間となった以外は変化がありません。都営車が他者線のちょっとしたアルバイト運用に充当されることは今もありますが、京急線白紙ダイヤ改正が行われるまでは結構多かったのですね。黄金町で撮影された画像の中でも「急行 新町」はアルバイト運用らしさが感じられました。
京急蒲田以南の急行が廃止されてからこのようなアルバイト運用は少なくなりましたが、将来5300が引退する際は彼らにはこんな華やかな時期があったことを忘れてはならない一枚だと思います。

●京浜急行大好きさん
コメントありがとうございます。返信遅くなり恐縮です。

都営車5300形は少ないながらも、蒲田~三崎口間でも運転されています。1999年改正で急行列車は原則泉岳寺~羽田空港間に限定されましたので、2年前に乗車されたのは特急列車ではないかと思います。

東京メトロ半蔵門線系統のように、地下鉄車両でも、乗り入れ運転に関わる東急車・東武車と同じ使われ方をするのとはちがい、浅草線車両では、乗り入れ区間とされていても、滅多に見られない区間があります。蒲田~三崎口間が該当しますが、空港線でも、どの時間帯でも絶えず5300形が走っているわけではありません。日中、5300形がなかなか来ない時間帯もあります。そのあたりが浅草線系統の充当車両観察の楽しさにもなっています。

>Bトレ
鉄道模型Nゲージ完成品に選定されたのも、京急や京成車両に比べますと、後回しのような印象はぬぐえません。型式が統一されている分、一度取り組めば充分なのですが、単純に事業者毎に1つずつ出していくというサイクルでもありませんし、こればかりは、期待し続けるだけしかないようです。

2010年の都営浅草線開業50周年という節目が期待できるところでしょうか。

●A80&481さん
いつもコメントありがとうございます。

京成線と京急線の乗り入れ先での浅草線車輌の使用状況ですが、京成であれば高砂~押上間以外は、それほど多くはありません。ですが、それまでの急行列車が快速列車に単純に格上げされたような形になっていることで、急行列車の頃と大きく変わった印象はありません。

対して、京急線の場合は、急行列車が大幅縮小したときに、数少ない蒲田以南の急行列車運転区間で、急行が削減されて、そのまま浅草線充当列車が削減された形になっていることで、印象の違いが感じられるのだと思います。

このコメントはかなり大雑把に語っていますので、実際の影響度は、当時の時刻改正毎の変遷を京成線・京急線毎に比較検証する必要があります。

1998年~1999年の5300形の使われ方を見ますと、京成車・京急車と同じ使い方を考慮して設計された効果が発揮されたようにみえました。

ところが、乗り入れ距離の調整や、京急線内での120km/h運転開始などの要因から(要因は勝手な推測)、5300形=万能車であることをを大いに見せつける期間は長くはありませんでした。いわゆるアルバイト運転ができますよ。という程度の運転本数の区間が多く存在する状況になっています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139021/41299909

この記事へのトラックバック一覧です: 【5300形画像】 京急線黄金町駅:

« 【5300形画像】 北総線内上り急行列車 | トップページ | 【5300形画像】 馬込検車場 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO