« 旧塗装姿の画像が掲載されました | トップページ | 【5300形模型化】 塗装済試作品展示 »

2008年7月29日 (火)

【京成赤電】 1991年3月 めくり板使用車

※タイトルを変更しています。京成電車の画像は右側⇒にリンクを置いた「撮影した京成電車」アルバムに24枚掲載しています。また下記新着記事にも京成車の画像を掲載しています。(平成21年6月)
平成21年6月17日に1985年秋に京成高砂駅で撮影した画像を掲載しました。

めくり板と表現しましたが、行先表示板のことです。通常行先表示板は行先毎・運転区間毎に板が用意され、起終点駅で板を取り替えたり、表裏を返したりすることで、別の行先を表示していました。ところが京成電車では、使用するほぼすべての行先表示を車両に常備して、上下2枚に分かれた板をめくることで、様々な行先に対応していました。首都圏では東武東上線の7300・7800系列が同じめくり板を装備していました。

めくり板は戦前から採用されており、行先駅名周囲の装飾も当時のものが戦後もずっと使われていたのです。これは驚きでした。「上野」といえば文字の部分が三角形となるような色入れが一環してなされていました。

そのめくり板も、1991年3月末に3000形14両と3050形2両の8両編成2本の合計16両が営業運転から引退したことで、常備車が消滅しました。
camera1991年3月19日京成成田駅にて 新(現行の)成田空港駅開業日に、月末で引退した3000・3050型が特急列車に用いられていました。背景には当時の新車の3700型の姿
910319_narita_3008

この顔の電車はファイヤーオレンジ塗装の方が期間が長く、私もこの姿で見慣れていました。現在、種別表示板は京成3500形未更新車で現役で用いられていますが、普通列車専用となっているために、表示内容も「普通」ばかりになっています。行先表示板のほうは、非冷房車の消滅と同時に装備車両がいなくなりました。

※当記事当初は冒頭に記載していた文章(記事の趣旨に合わなくなりましたので記事後半へ移動しました。

予告時は、今年前半に紹介を終えるつもりでいましたが、結果的には上半期が終わろうとするときになってやっと始まりました。大変遅くなり恐縮です。これは都営5300形画像紹介を優先し、さらに途中更新を中断したことによります。都営5300形画像掲載を優先したのは、2月のマイクロエースからの5300形製品の発表直後から、5300形をキーワードに検索して訪問される方が増えてきたためです。おかげさまで、アクセス数も増加しています。

紹介内容は下記の予定です。1)最後のめくり板使用車 2)3150形の種別板 3)これが最後に撮影した未更新顔車輌 4)当時は主力の急行列車 5)塗装変化 6)試験塗装車 7)3500形未更新 8)京急線内の京成電車

« 旧塗装姿の画像が掲載されました | トップページ | 【5300形模型化】 塗装済試作品展示 »

コメント

先頭台車T台車で、京急~北総運用に入れなかった3200形6M車は、塗装変更と共に先頭台車M化行なった編成と、ファイアーオレンジ時に行った以下の編成があります。つまり、1992年8月以降に全般検査・重要部検査を行った際にやったのですが、
その写真の車号が気になります。

コメントありがとうございます。回答が遅くなりましてすみませんでした。

このシリーズの最終回に京急線内で撮影した京成車の画像を紹介する予定でいますが、記事になるのはいつになるのか見通しがつきませんので、車輌番号だけ先に回答します。

結果からいいますと、私が撮影したのは2編成だけで、3200形と3300形の6両編成が各々1本です。
3200形は(羽田寄)3240号車で、全6両が変更前塗装(ファイアオレンジ地の塗装)。
3300形は(羽田寄)3324号車・(千葉NT寄)3329号車で、中間2両が現行塗装、両端4両が変更前塗装。
両編成とも1994(平成6)年7月撮影です。

1月に紹介した「白井」で掲載した赤電変更前塗装車の画像(1994年夏撮影)は、高砂寄が3240号車とうっすらと読めます。
 リンクで紹介いただいたHP「京成電鉄を探るweb」と『鉄道ピクトリアル』No.787 2007年3月臨時増刊号 「京成電鉄データファイル 京成電車車歴表」の記述を参照してみますと、3240号車を含む6両固定編成は撮影時点で京急線直通可能の変更前塗装でしたので、3240号車で間違いないと思います。
 イーチコの名前をクリックしますと、「臼井」記事へリンクします。

 

93年12月〜95年1月、3241〜3248は年間を通じファイアーオレンジ、先頭台車Tの8両固定を組んでいました。当時の最終検査履歴は92年2月全般検査。従って京急には入れません。これらと基本6両を組んでた3277〜3280は93年12月の重検で先頭M台車・新塗装をしたが、3241〜3248は何かしらの事情があり重検を後らせたのだろうかと。


その間、ファイアーオレンジで先頭M台車改造済の3200形6Mが次々に塗装変更、つまり全検や重検に入っていました。

当時の状況のコメントありがとうございました、返信が大変遅くなりまして恐縮です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139021/41517566

この記事へのトラックバック一覧です: 【京成赤電】 1991年3月 めくり板使用車:

« 旧塗装姿の画像が掲載されました | トップページ | 【5300形模型化】 塗装済試作品展示 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO