« 都営-京急 相互直通運転40周年(その1) | トップページ | 【京成赤電】 1991年3月 めくり板使用車 »

2008年7月 1日 (火)

旧塗装姿の画像が掲載されました

☆5000形画像が掲載されました。
先々月の話になりますが、都営5000形画像を掲載した鉄道雑誌発行会社のブログがありましたので、紹介します。鉄道雑誌『Rail Magazine』を発行するネコ・パブリッシングのHP「鉄道ホビダス」内の「消えた車輌写真館」で、2008年5月23日付です。
アドレスは、ブログの2008年5月分となります。
http://rail.hobidas.com/photo/archives/2008/05/

解説文には、「乗り入れ三者(都・京成・京急)間の「直通車輌統一規格」に基づき設計・製造されているが、車体等に当時の花形、営団500系との類似・共通点が見られる。」とあります。塗装は異なるものの、登場当時インパクトの大きかったに違いない丸ノ内線用車輌に似た外観をしています。これは大阪市営地下鉄1200・5000形にもいえることで、当時の地下鉄車輌の流行したデザインともいえるでしょう。

被写体の車輌は、オリジナル塗装の京成線直通急行列車に充当されている姿です。 5000形の塗装変更は時間をかけて行われましたが、京成線直通急行運転に用いられるようになったのは1983(昭和58)年改正で、塗装変更から2年後の実施です。そのうえ、京成線急行への充当本数は大変少ないものですから、旧塗装だけの編成にあたる確率は高くはありません。そういった意味では、掲載写真はとても貴重な記録です。

旧塗装の京成線直通急行列車は、目撃したことはあっても撮影したことはありません。当時は同じ編成が何度か京成線直通急行列車で往復しますので、編成のチェックができれば、数回撮影することができました。

さて、この写真は、青砥駅下り列車ホームから撮影したもので、ほぼ同時に出発した上野発の列車も写っています。小さく写っていますが、3100形の大和田行とみました。行先標識板のデザインと3文字表示らしい点から判断しています。

前述のように、都営車の急行列車は多くありませんから、普通大和田行の発車時刻との照合で、被写体の列車の撮影時刻が特定できるのではないかと思い、当時の時刻表を取り出して確認してみました。(続きは次回に)

紹介したブログでは、都営5000形は過去に2回紹介されています。
【1度目】 2007年5月22日 5113号車を先頭にした6両編成 29T 川崎行 新塗装 1988年撮影
【2度目】 2007年7月6日 車輌番号・運行番号不明 20周年ヘッドマーク装着車 川崎行

« 都営-京急 相互直通運転40周年(その1) | トップページ | 【京成赤電】 1991年3月 めくり板使用車 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139021/41700725

この記事へのトラックバック一覧です: 旧塗装姿の画像が掲載されました:

« 都営-京急 相互直通運転40周年(その1) | トップページ | 【京成赤電】 1991年3月 めくり板使用車 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO