2008年1月 1日 (火)

【ごあいさつ】 本年もよろしくお願いします。 

新年明けましておめでとうございます。

昨年7月、現役引退から12年という節目でスタートした都営5000形をテーマにしたブログです。実際は、節目だというよりも、ブログにまとめる気になったから始めたようなものですが、開設してから半年が経過しました。

HPやブログの経験がなかったこともあり、はじめの2ヶ月は更新しても検索エンジンで紹介されない設定にして、体裁を整えることを優先していました。
 9月の更新時より検索に反映する設定にしてみたところ、急速にアクセス数が増加しました。それも「浅草線」や「京成」・「京急」の検索だけでなく、都営5000形をキーワードに検索し訪問してくださる方が思った以上に多いのです。都営5000形を気にしているのは少数だろうと思い込んでいたのに、よい方向に予測が外れて嬉しく感じています。

これまで交流のなかった方からもコメントやメールをいただきました。ありがとうございます。当時の思い出話を拝見したり、当時まだ年少で撮影できなかったので嬉しいです、とのコメントもいただきました。私よりも世代の若い方にもご覧いただけているのが励みになっています。

先日予告させていただきましたが、1月更新より先の期間、しばらく京成のいわゆる“赤電”車両の紹介を連続して行い、本編の5000形の方は少しお休みさせていただきます。お休みの間に、概説の記事を少し出してみようと思っています。

TOP記事は本年も2ヶ月毎の更新とさせていただきます。
本年もよろしくお願いします。 

(当記事は1月16日までTOP頁に掲載していました)

画像は、京成大和田駅ホームで撮影した5096号車の側面です。京成大和田の項で紹介しなかった画像です。少し画像を明るめに補正しましたが、床下機器は暗くて判別しにくいですね。
199503_oowada_5096_2

2007年7月15日 (日)

◎ごあいさつ

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
主に1991(平成3)年-1995(平成7)年に、都営浅草線5000形を撮った画像で構成するブログです。直通運転先の京成・京急・北総・公団の電車の画像もあわせて掲載します。

1991年の北総・公団線への直通運転開始とともに実施された8両編成で北総・公団線を走る姿は、引退が近づくと同時に訪れた5000形の華やかな舞台でした。設定はカメラ任せ・駅ホーム撮り中心ですが、最後の舞台での活躍を記録するために撮影しました。

 私の直そうとしない癖は、シャッターを押すタイミングが早いことです。そのうえ、ピントも甘いです。ブログへの掲載にあたっては、トリミングやシャープを適度に施しています。

画像新規掲載は、月1回か2ヶ月に1回のペースです。極めてゆっくりなペースですが、楽しい作業に没頭し過ぎないようにするためです。

TOPページには、(1)新規掲載5回分・(2)5000形の魅力・(3)リンク・(4)記事予定・(5)おねがいごと、を置きます。過去に掲載した分は、カテゴリー目次をクリックしてご覧ください。

この記事の前頁に、【当ブログ内の表記】に関して記述しています。
また、ブログに関するお断り書きはこちらです。

  【2007(平成19)年7月20日開設7月25日現アドレスへ移動】

    プロフィールはこちらです。

《表紙画像は、1991年に引退するまで旧塗装(銀色の飾り帯がないので、オリジナルではないけど‥)を維持した5057号車》

ブログ内の表記について

1.車両形式の称号は「形」で統一します。
雑誌『鉄道ピクトリアル』【東京都営地下鉄特集号】で、東京都交通局関係者による執筆記事が「形」で統一していましたので、それに倣います。
他の事業者も同様に、該当事業者の関係者執筆の鉄道雑誌掲載記事の表記に倣い、「形」を多用します。

2.列車番号表記は、下2桁奇数+の表記に統一します。
列車番号記載で参照しているのが『京成電車時刻表』です。都営・京急の市販時刻表には長らく列車番号が掲載されませんでしたので、『京成電車時刻表』の記載を優先します。

都営浅草線系統の列車番号は、上1-2桁が始発駅を出発する時刻、下2桁が運行番号、数字の後のアルファベットが所属事業者を表わします。
この下2桁の運行番号の数字を辿ることで、おおよその列車運用の流れが掴める仕組みになっています。(車両交換や列車番号が変わることもあるので注意も必要)

そして、車両前面の列車番号表示は上り下り列車共に下2桁の奇数表示でした。そこでブログ内では下2桁奇数表示とアルファベット表記に統一します。

3.撮影当時の現況で記述しています。
撮影日時が不明瞭なものもありますが、当時の状況にあわせて記述します。
 カテゴリー「概説」では、もう少し長い時間の幅で記述します。

4.撮影時の列車時刻は、市販時刻表を参照しています。
『京成電車時刻表』『京浜急行電車全駅標準時刻表』は価格も大きさも手頃なこともあり、重宝しました。京急の時刻表には列車番号が記載されていなかったので、書き込みをするなどして、情報を補充していました。

  双方とも創刊当時から、ダイヤ改正・修正時に発刊される度に購入しており、概説を記述する際には歴代の時刻表を参照しています。

続きを読む "ブログ内の表記について" »

○いろいろと

当ブログに対する宣言事項や皆様へのお願い事項など、いろいろ書いてみます。

1.当ブログは個人的に制作しています。関係事業者等への問い合わせはしないでください。
東京都交通局をはじめ、直通運転先の鉄道会社や、一切の鉄道趣味団体とは関係なく制作しています。文責は作者イーチコにあるとともに、当ブログの画像・内容に関して、作者イーチコ以外の方への問い合わせ・質問はしないでください。 

・作者イーチコが撮影した画像は、過去に書籍・雑誌等で発表したものはありません。またweb上でも初公開となります。(一部SNSで公開した画像があります)

2.質問をいただいても、回答できない場合が多いです。
・車両にしても、運用にしても、知らないことの方が多いくらいです。また当時の体験でも記憶が薄くなり思い出せないことも多々あります。

・意味不明瞭なコメント・トラックバックは、予告なく削除する場合があります。

・匿名・通りすがり的な名前の方からの発言には、責任を持った対応はいたしません。必ずしも返信をするわけではないということです。名前を名乗れないと理解できる理由がある場合は除きます。
 例えば、ブログの記述に関して指摘をするときには、メールでも構いませんから、webで用いている自分の名前を名乗ってください。発言に責任感が感じられない、あるいは挨拶もそこそこの軽々しい発言は、文章を読んでも対応する気が湧いてきません。
 
 誤字・脱字・勘違いの指摘に対しては真摯に対応しますが、勘違いの指摘は、誤りが明らかなものを除き、客観的な根拠も合わせて提示してください。証明・論争を要求されても困ります。

3.リンク目的のアドレス掲載は、TOPページ、各記事のアドレスを用いてください。
各記事下部の「固定リンク」の表示をクリックしますと、該当記事の固有アドレスが表示されます。このアドレスをリンクとして用いれば、該当記事だけリンクできます。

4.他の方の著作権を侵害しないようにしています。
・執筆にあたっては、書籍・雑誌の記述、HPやブログのテキストを参照しています。常識の範囲を超える引用(=違法な無断引用)とならないように気をつけます。

・参照している情報の真偽を判定できるだけの知識は持ちあわせていませんが、明らかな誤りと思われる記述を鵜呑みにしないようにします。

※鉄道趣味の世界ではマイナーな車両と思われる都営5000形でも、探せばいろいろな記述があります。ありがたいことです。

5.掲載する作者の画像は、安全に配慮し、危険な場所に立ち入らずに撮影しました。
・画像の多くは駅ホームで撮影したものですが、撮影には三脚は用いていません。

・地下駅で撮影したもののなかには、フラッシュを使ったものがありますが、被写体は駅停車中の列車最後部で、対向列車がいない状況での撮影です。そして、乗務員の方に光が入らないように注意していました。

・撮影にあたって、許可・承諾を得たことはありませんが、ブログに掲載する画像を撮影する際に注意・指導を受けたことはありませんでした。

6.著作者の権利は主張します。
 
無断転載や常識の範囲を超えた無断引用はおやめください。

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO