2008年8月13日 (水)

【5300形模型化】 N製品が発売されました

【5300形カテゴリーはトップページから移動しました】
 予告していました5300形カテゴリー記事のトップページからの移動は、8月10日に行いました。
5300形画像をご覧いただく際は、こちらをクリックしてください。

《入荷情報がネット上に》
8月10日付記事で紹介した鉄道模型店 Models Imon のHP「お知らせ・入荷情報(掲示板)」にて、秋葉原店・池袋店にマイクロエース5300形模型製品が入荷した旨の書き込みが12日12時過ぎにありました。

《製品同封ステッカーについて》
HP「模型の通信販売 ホビーサーチ オンラインショップ」内都営5300形製品サイトにて、同封ステッカーが中身として画像付で紹介されています。画像が小さく判読しにくいのですが、初期型と後期型で内容が異なること(前面用の「西馬込」だけが共通している模様)、それぞれ側面用の種別&行先で3種ずつであること、初期型製品には京成線内急行列車で使用した「急行」円盤標識もステッカーで用意されていることはわかりました。種別表示ではエアポート快特・特急・急行と複数の種別設定がされたのが都営浅草線用車両らしいです。快速はないようです。

都営5300形カテゴリーは、こちらです。

2008年8月10日 (日)

【5300形模型化】 まもなく発売へ

《5300形N製品まもなく発売へ》
鉄道模型店 Models Imon のHP「発売入荷・先行予約(新製品/再生産品 発売入荷情報)」サイトの記述では、マイクロエースの5300形Nゲージ製品は、8月12日発売予定との告知がなされています。 

私の勝手な予測ではもう少し遅くなると思ったのですが、いよいよ具体的な発売日の日程が紹介されるようになりました。なお、予告どおり5300形に関する記事はトップページからは移動しましたが、この5300形カテゴリーにてご覧いただけますので、よろしくお願いします。

2008年8月 2日 (土)

【5300形模型化】 塗装済試作品展示

  7月下旬(23日~28日)、松屋銀座では毎年恒例になっている「鉄道模型ショウ」が開催され、製品展示ブースではマイクロエースの都営5300形が塗装済試作品の段階で展示されました。私はお邪魔しなかったのですが、展示状態の画像を見ても、いい感じに仕上がっているようです。模型ショウの報告をしてくださった様々なブログを拝見しても、いい評価をいただいてます。

《5300形カテゴリーはトップページから移動します》
 模型店の情報では、当初告知された発売時期よりも遅れています。2月時点のマイクロエースの新製品ポスターでは7月までに発売されている予定になっていました。マイクロエースの新製品発売が予告よりも遅れるのは珍しいことではないそうですが、7月までに発売されれば8月にトップページから5300形の記事を移動する予定にしていました。
 多少遅れても発売まで待ってからと思っていたものの、想定よりも遅れそうな気配を感じますので、8月10日をもって、5300形カテゴリーの記事はトップページから移動します。わかりやすい形でトップページからリンクできるようにしますので、製品の発売後にチェックする際に活用してください。

2008年6月26日 (木)

都営-京急 相互直通運転40周年(その1)

1968(昭和43)年6月21日より、東京都交通局と京浜急行電鉄との相互直通運転がはじまって40年になりました。

現在、京成・都営・京急各社・局の車両5編成づつ、合計15編成に40周年記念ヘッドマークが装着されています。掲出期間は10日間で6月30日(月)までとなっています。
都営地下鉄HPの告知サイトによりますと、ヘッドマークのデザインについて、「ヘッドマークは、明日に向かって上昇する熱意・企業姿勢を表現した「4」と、3社局の結びつきを表現した「0」で「40」周年を表現したデザインとなっており」と書いています。

実際の様子は見ていませんが、ありがたいことに、多くのブログでヘッドマーク装着姿の画像を拝見することができます。装着編成や運用も掴めていない段階から、現地で撮影されている様子がわかりました。
ヘッドマークそのものは、小型のステッカー状で、前面窓向かって左側に内側から装着あるいは吸着で掲出されているようです。装着車両として告知HPに記載されている京急600形・都営5300形・京成3000形はともに、正面向かって左側は非常口扉になっており、扉のガラス部分に掲出されています。

☆コラムという形で
この40年のうち、都営5000形は27年間直通運転に携わっていました。今回は40年前の直通運転開始時に焦点をあてて、感じていることを少し書いていきます。
私の都合で、短い文章を何度かアップさせていただきます。また、1968年以降のできごとには今回は触れませんので、その旨ご了承ください。

書きたいことは、次の5点です。
1.初の地下鉄車両による優等列車充当
2.5000形の種別表示窓ははじめから優等列車運転を見込んでのこと?
3.初の直通運転開始時点からの優等列車乗り入れ
4.初の直通運転開始時点からの、地下鉄車両と乗り入れ相手の車両で運転区間が異なる乗り入れ形態。
5.3社・局線直通列車の登場

1と2、3と4は、密接に関連していますので、実際の文章は大きくは3つのテーマで書いていきます。都営-京急は、地下鉄との相互直通運転開始の5番目の事例ですが、それまでの相互直通運転にはなかった運転形態がいくつもありました。今回はその部分に着目してみました。
続きは次回となります。

2008年2月29日 (金)

【5300形模型化】発表記念 画像紹介 

1ヵ月ぶりの投稿になります。この間も鉄道趣味活動はしていたのですが、都営5000形との関係が薄いということもあって、こちらには何も紹介や報告のないままでした。

今月中旬、鉄道模型メーカー「マイクロエース」より発表のあった7月発売予定品のなかに、都営5300形が入りました。デビューから17年経ったところでNゲージ車両完成品の製品化がされることになりました。

<マイクロエース都営5300形製品予定>
A3380 初期型・登場時 ショートスカート 8両セット
A3382 後期型・ロングスカート 8両セット
各セットとも定価:21,500円(税別) Nゲージ塗装済完成品 ブックケース入

スカートの大きさの違いはわかりやすいのですが、前面・側面の都交通局のシンボル「いちょうマーク」の位置も初期型は登場時の位置とするとあります。私はマイクロエースの製品説明を読んでから、「いちょうマーク」の位置が判読ポイントであることに気がつきました。その程度の観察力です。

登場時の頃に5300形の撮影をしていなかったこともあり、1995年を迎えた時点の画像では、「いちょうマーク」の位置は後期型と同じところへ移動していました。

最近のNゲージ製品は、機関車を除くと、1両ごとの単品発売は少数派でセットものが主流になっています。5300形も8両固定編成しかありませんから、模型でも8両セットのみの設定で、4両基本セットと増結4両セットという組み合わせもありません。こうなりますと1両だけ入手したいと思ってもそれは無理な相談になってしまいます。単品販売形式が主流だった時代を知る世代からすると、時代の変化を感じます。

発表日以降、5300形をキーワードにブログを訪れる方がいらっしゃいます。5300形という文言を文中で用いているために検索されるのですが、残念ながら5300形の画像は数枚の掲載です。実際のところ5300形はあまり撮っていません。当時は5000形がメインであって、せいぜい気が向いたときか練習名目で撮ったものだけなのです。

それでも、今後も5300形で検索して訪問してくださる方もいらっしゃると思いますので、これまでに撮影した5300形画像を紹介することにします。数えても10数枚程度です。既に当ブログで紹介した5300形画像も再掲して、一度に5300形画像をご覧になれるようにします。

画像は別記事で紹介します。

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO