2007年7月15日 (日)

5000形の魅力

5093_takasago_top 【引退まで変わらなかった前面窓の大きさに魅了】
窓の大きさ、特に天地方向の長さを気にする者としては、縦長の窓はずっとその大きさを保っているのが望ましいと思っています。

乗入先の京成赤電・京急1000形は共に、更新時や行先表示窓設置時に前面窓の面積が縮小されました。
また、前面デザインが似ている(似てしまった?)営団丸の内線用500形では窓枠のHゴム支持化(幸い全車に及ばず)や、大阪市営の50系(5000形)ではATC機器設置に伴う小窓化が行なわれ、デビュー当時の姿を変貌させる改造が施されました。

それに対して、都営5000形はほぼ全車の先頭車前面窓がデビュー当時の大きさを保ちました。塗装変更、前照灯小型化、行先表示窓の狭幅化がなされても、窓の大きさが変わらなかったことで、この車両の魅力は生涯失われなかったと感じています。

【「普通」表示を出す地下鉄電車】
地下鉄電車といえば、長い間、乗入先でも普通列車としての運行が大勢を占めていたなか、京急線直通運転開始当初から急行列車で運行していたほか、後に京成線・北総線でも急行運用を担いました。
この画像のように、地下鉄電車がわざわざ「普通」表示を出すところにも、直通運転が充実している都営浅草線の特徴が現れています。
(画像は高砂駅停車中)

続きを読む "5000形の魅力" »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO