2007年7月17日 (火)

【01A】 黄金町

Koganecho1_5097_23t 当ブログ最初の記事は黄金町駅撮影の画像を選びました。黄金町は京急線内では珍しい通過線のない島式ホームの駅、下り列車は右カーブでホームへ進入するので、その様子はホームからの撮影向きです。

当時平日朝3本が川崎を越えて新逗子まで直通運転をしていました。この3本は急行列車として連続で運転されていたので、短い時間で撮影を済ませられる利点がありました。
(黄金町駅停車 8:12  8:24  8:35)

この画像は1994(平成6)年冬の撮影です。1995(平成7)年7月には営業運転が終了してしまうまで約半年という時期です。1991(平成3)年から投入が開始された5300形も車両数が揃ってきていました。この時期にはもはや3本共5000形ということは望めず、どれか1本でも5000形ならば御の字でした。

幸い3本中1本が5000形でした。光量が足りないなか、なんとか捉えることができました。
当日5000形使用は3本目の23T、新逗子からは千葉ニュータウン行のロングラン運用に就きます。
逗子線直通列車に関する補足はこちらへ。
▼5097-5100は1968(昭和43)年5月泉岳寺-大門間開業向け4次車で登場(日本車輛製造)、1996年1月10日廃車。

(撮影日を失念していますが、京急空港線8両編成運転開始の1994(平成6)年12月以降の冬の朝の撮影です。)

続きを読む "【01A】 黄金町" »

【01B】 黄金町 2

5148_koganecho_23t 《定番アングルながらも夏空を入れて》
黄金町駅ホームからの撮影といえば、上り列車の進入を狙うアングルの写真をよく見ます。自分も挑戦してみました。

この時期、23Tは朝の新逗子直通都営車急行3本中1本だけの6両編成所定運用でした。ですからステンレスカーの5200番台が使用されることはあっても2編成だけですから、5000形使用の可能性が高い運用でした。
新逗子発千葉ニュータウン中央行に関する補足はこちら。

もう少し側面も入る写真の方がよかったのかもと今は思っていますが、撮影当時は、できるだけ正面から狙うように構えていました。

撮影日は平成6年7月5日です。真夏らしい空の下で、窓下の赤帯がまっすぐ伸びている様子を撮れました。

この列車の黄金町駅発は9:47、対して下り普通列車は9:46発、タイミングによっては被られる可能性が高いだけに、待っているときは下り列車の動向が気になっていました。うまいこと撮影できました。

▼5145-5148は1968(昭和43)年10月泉岳寺-西馬込間開業時の5次車で登場(ナニワ工機製造)、1995年9月21日廃車。

続きを読む "【01B】 黄金町 2" »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO