2009年6月17日 (水)

【京成高砂】 1985年10月に撮影したもの

更新が滞っております。
勝手ながら、今回はコメントの受付はありません。

今回は写真の掲出のみで、被写体となっている車両番号や車両の履歴、列車の行先などの詳細は省きます。遠くないうちに改めて紹介させていただく際には、少しは解説らしきものも加えますので、よろしくお願いします。

京成ではニュースカイライナーの登場とともに、3300型がリバイバルカラーとなったとのニュースも入り、車両面で話題が相次いでいます。今月発売の鉄道雑誌『鉄道ファン』表紙は京成ニュースカイライナーです。京成電車が同誌の表紙になる機会は少なく貴重です。

京成HPの企業情報を見てみますと、創立日が明治42年6月30日でした。明治42年は1909年なので、今年の6月末に創立100年を迎えることになります。社名は変更していますが、戦時中も他社に合併されることもなく、京成の商号を守ってきています。
 
今回は京成100年との直接の関連はありませんが、節目のときにあわせて京成電車の画像をまとめて並べてみようと思いました。
(本編の構成が煮詰まっていることの苦し紛れでもありますが‥)

掲載する画像は1985(昭和60)年10月4日、平日早朝に京成高砂駅で撮影したものです。 (開校記念日でお休みだったのです)  高砂~青砥間の複々線が完成したダイヤ改正直後の時期になります。通勤特急が運転を開始し、都営車の東中山以遠成田方面乗り入れの本数が増加しています。画像には白黒フィルムで撮影されたものが含まれています。(画像をクリックすると表示される数字に意味はありません)

まだ赤電の冷房改造車は少ない頃でした。11_28_33h_2

都営車は旧塗装車の姿がまだ日常的に見ることができました。
行先表示は既に「西馬込」へ変わっています。

11_28_31h_2

続きを読む "【京成高砂】 1985年10月に撮影したもの" »

2008年2月29日 (金)

【5300形画像】 まずは紹介します

数枚の画像データを取り込んでから編集し直しますが、現時点で初公開画像となるものを紹介します。

<1>京急富岡
急行 新逗子発神奈川新町行です。今となっては見ることのできない急行列車の行先表示となりましたし、特急以上の優等列車しか充当されない現状では、富岡停車中の姿も見ることができません。ホームの背景に山が見えるので、地下鉄車両の組み合わせを楽しむ意図でこの場所を選びました。
撮影:1994年 5311編成 「43T急行 新町」 
1994tomioka_5311

<2>八広
現在のホームへの工事を始めた頃です。この画像を撮って、撮影向きの位置ではないと感じました。当時は普通に見ることができた「千葉ニュータウン中央」の行先表示です。
既に「いちょうマーク」の位置が前面扉上へ移動しています。
撮影:1995年 5302編成 「31T 普通 千葉ニュータウン中央」

02_23_23bc_2

<3>青砥
こちらも「千葉ニュータウン中央」行です。もう少しバックの景色にメリハリのつくときに撮影したいと思いつつ実現していません。

この記事では、唯一のロングスカート装備の後期型です。
撮影:1995年 5320編成 「31T 普通 千葉ニュータウン中央」
02_23_26bc

<4>国府台
意識すると気がつくものでして、この画像では「いちょうマーク」が前面窓ガラス上に貼付されています。そして乗務員室扉と客用扉の間に「いちょうマーク」がないのも確認できます。

「急行」円盤装着姿です。一時期は休日の急行列車運転も増加してきましたが、ここでも急行列車として見ることはできなくなりました。当時は珍しいとは思っていない光景でも、年月の経過で二度と見ることができないかもという光景になってしまいます。ネット上で過去に撮影した画像を紹介するようになってから感じるようになりました。

撮影:1992年 5303編成 「07T 急行 西馬込」

02_23_24bc_2

2007年7月17日 (火)

【02】 四ツ木

Yotsugi_5108_23t 京成押上線四ツ木駅です。
都営・京成の境界駅押上にも折り返し運用があるものの、朝夕は主に京急車が折り返すので、都営線を走ってきた都営車は概ね京成押上線も走ります。それゆえ朝ラッシュ後半くらいからの四ツ木駅撮影は、都営車ウォッチに向く駅です。

四ツ木駅は駅舎が押上寄りにあり、平日朝ラッシュ時間帯以外はホームが賑わうこともないので、ホームの青砥寄りで立てば、気兼ねなく滞在することができました。

5000形引退後、本格的に画像奥の橋梁新設工事と駅移設工事が行なわれたため、ここの光景も大きく変わっています。

1995(平成7)年3月2日撮影の8両編成23T、新逗子発千葉ニュータウン中央行のロングラン列車です。新逗子を9:17に出発、四ツ木は11:08、千葉ニュータウン中央には11:45到着と2時間半近くかかりました。

▼5105-5108は1968(昭和43)年5月泉岳寺-大門間開業向け4次車で登場(日本車輛製造)、1995年4月28日廃車。

続きを読む "【02】 四ツ木" »

2007年7月15日 (日)

5000形の魅力

5093_takasago_top 【引退まで変わらなかった前面窓の大きさに魅了】
窓の大きさ、特に天地方向の長さを気にする者としては、縦長の窓はずっとその大きさを保っているのが望ましいと思っています。

乗入先の京成赤電・京急1000形は共に、更新時や行先表示窓設置時に前面窓の面積が縮小されました。
また、前面デザインが似ている(似てしまった?)営団丸の内線用500形では窓枠のHゴム支持化(幸い全車に及ばず)や、大阪市営の50系(5000形)ではATC機器設置に伴う小窓化が行なわれ、デビュー当時の姿を変貌させる改造が施されました。

それに対して、都営5000形はほぼ全車の先頭車前面窓がデビュー当時の大きさを保ちました。塗装変更、前照灯小型化、行先表示窓の狭幅化がなされても、窓の大きさが変わらなかったことで、この車両の魅力は生涯失われなかったと感じています。

【「普通」表示を出す地下鉄電車】
地下鉄電車といえば、長い間、乗入先でも普通列車としての運行が大勢を占めていたなか、京急線直通運転開始当初から急行列車で運行していたほか、後に京成線・北総線でも急行運用を担いました。
この画像のように、地下鉄電車がわざわざ「普通」表示を出すところにも、直通運転が充実している都営浅草線の特徴が現れています。
(画像は高砂駅停車中)

続きを読む "5000形の魅力" »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO