2010年12月 4日 (土)

浅草線開通50周年

長らく更新をしないままになりました。その間も訪問してくださった皆様、ありがとうございます。

久しぶりの投稿、この日を外してはならないと思い書いてみました。予告も書いておりますが、今回は予告とは無関係に書いてみます。

本日は馬込車両検修場で開催された「都営地下鉄開業50周年記念フェスタ」に来場された皆様、おつかれさまでした。寒さもほどほどの天候に恵まれてよかったです。私は会場へは入らずに、イベント開始前に場内を横切る歩道橋から会場の様子を眺めました。
西馬込駅構内に掲出されていたポスター

20101204_magome_025_poster

撮影会用にかけつけていた他社車両は、京急からは最新系列の1000形、北総からはリース車両以外では最古参となる北総9000形(元住都公団2000形)、京成からは現役最古参3300形のうち、赤電塗装車の姿が見えました。都営は5300形に統一されているなか、機関車の5000形も並んでいました。

50年前の車両は1両もないのですが、開業当時のスタイルで増備された京成3300形や北総7260形で今でも現役であるのは、幼い頃からお世話になった形式だけに嬉しく思います。

京成3300形は今年7月の成田スカイアクセス開通で、入れ替わりに除籍になるのではと思っていたのですが、現役を続けています。反面、京急1000形(初代)が今年の6月に営業運転終了となったのは、転機の訪れを実感しました。現在、京急車で浅草線に直通運転してくるのは、1980年代後半に製造されていた1500形になっています。

1960年の開業当時に揃えられた都の車両は、5000形2両固定8編成の合計16両。今なら8両編成2編成分しかありません。私が初めて浅草線(都営1号線)に乗ったとき(1975年頃)でも最短でも4両編成で、大抵は6両編成でした。ですから、開業当時は2両編成との記述を小学生の頃に鉄道書で読んだときは子どもながらに驚きました。

現在の路線で2両編成であれば驚異でもありますが、開通当時の運転区間は浅草橋~押上~京成高砂~東中山。浅草橋から都心へは未開通、国鉄総武線か都電に乗り継がなければならず、浅草を経由するとはいえ、通勤路線としては不十分な状況からのスタートだったこともあり、2両編成で賄える程度の輸送量でした。

ここでは殊更2両編成を強調していますが、1961年開業の日比谷線もはじめは2両編成でしたし、現在は10両編成の千代田線も開通当時は3両編成(20m車)、昭和40年代までの地下鉄路線のスタートは、そのくらいの編成でよかったところもあったのです。

同じ2両編成でスタートした浅草線と日比谷線ですが、日比谷線のほうは1964年に一足早く全線開通、そして1971年には8両編成化されます。対する浅草線は、東京オリンピック前後は路線の延伸開通がなく、全線開業も日比谷線に遅れること4年の1968年、都営車の8両編成の登場に至っては、1991年と日比谷線よりも20年も遅れてのことでした。開通時期が同じだったこともあって、昔から浅草線と日比谷線を比較してしまいます。

比較ついでに書いてしまいますが、日比谷線3000系も浅草線5000形も引退まで冷房化されることがありませんでしたが、日比谷線3000系は長野電鉄へ譲渡されて現在でも乗車することができます。対する5000形は1両も譲渡されませんでした。保存目的?で馬込車両工場に保管してあった2両の5000形は工場の閉鎖でも移動することなく、現存しないようです。(訓練施設に訓練用にあるとのことです)

結局一般の目に触れる形では残っていない5000形ですが、鉄道の日発行のプリペイドカードに、本日発売された記念乗車券の表紙でも5000形が使われており、5000形ファンとしては嬉しい限りです。

そして、馬込駅で見かけました。現在でも5000形が現役のスタンプ台です。
20101128_south_030_stamp

5000形隣の6000系も前面に青帯のない姿は懐かしいです。
今後もこのまま現役を続けて欲しいと思います。
今回は取りとめもない話で失礼しました。

2009年1月21日 (水)

【10A】 高輪台 <その1>

長らく更新のないままになってしまい恐縮です。
遅ればせながら本年もスローペースで進行していきますので、その旨よろしくお願い申し上げます。

※おしらせ search画像の拡大表示のしかたが変わりました。拡大画像を戻すときは、拡大画像の右上に表示される「×」表示をクリックしてくださいsearch

Takanawadai_5092_2 

《前置きが長いですが、撮影の動機から》
以前から予告していました高輪台駅です。浅草線内では特徴あるシールドトンネル構造の駅です。1968(昭和43)年の開通当時は、まだシールドトンネル構造の駅も少なかったので、興味深く見られていたのではないかと思います。

幼い頃から、高輪台駅は通るたびに車窓からホームの様子を確認する駅でした。

当時、これまた時々利用していた営団地下鉄(現在東京メトロ)日比谷線の恵比寿駅は、ホーム天井が高い駅でした。八丁堀駅も天井の高さが記憶に残っています。いかにも開削工法で掘った地下駅の埋め戻し部分を少なくしたような印象がありました。それに対して浅草線の地下駅では、天井が高いと感じるホームの記憶が少ないです。この件では自らの疑問に応えるほどの探求を未だにしておりません。

以前から浅草線の地下駅はホーム天井までの距離が高くないというのが個人的な認識になっていまして、それ故に、トンネル構造から天井が高く感じられる高輪台駅ホームで、一度は5000形を撮っておきたいと思っていました。

《高感度フィルムで撮影》
この画像を撮影したのは1995(平成7)年です。まもなく全車引退が近づこうとしている頃でした。地下ホームで撮影するにあたり、停車直前の状態を撮ってみたいと思いました。当時は5000形も全編成8両編成になっており、停止位置からではホーム先端の余裕が少なく、思ったとおりの撮影ができないと考えたからです。

当然フラッシュはご法度です。そこで、一度も使ったことのない高感度フィルムを使いました。ISO1600です。ISO800までしか使用経験がなかったのですが、カメラのオート設定も参考にしながら露出の設定をしました。いわば機械まかせだったのですが、自分の意図した画像になりました。
上の画像は泉岳寺行です。ホームで待っているお客さんが電車に近づかないでいたおかげで、編成の後ろの方も思った以上に入りました。

前の記事で紹介した京成3500形画像は暗く写ってしまいましたが、この画像ではそこまで暗くなりませんでした。
<今回はここまでです。>

2008年8月13日 (水)

【5300形画像】 馬込検車場からの出庫

タイトルに出庫光景と書きましたが、地上(一部高架)の車庫から地下へ下る線路を走る様子を、車庫を横断する陸橋上から撮影した画像だけです。 1995年6月末の5000形引退直前期で、5000形に装着されたヘッドマーク姿の営業運転は地下線ばかりなために、地上を走る姿を撮影したくて訪問しました。その練習目的も兼ねて撮影したのがこれらの画像です。

5319号車の編成がこれから西馬込駅へ向かうところです。
53198_magome

5305号車の編成がこれから西馬込駅へ向かうところです。 53058_magome 5305_magome

2008年5月25日 (日)

【5300形画像】 馬込検車場

今回は、馬込検車場で撮影した画像を紹介します。これらは1995(平成7)年7月に5000形の営業運転が終了する直前と、さよなら列車運転後に敷地内が一般公開された際に撮影した画像です。

1枚は、2008(平成20)年1月3日(木)【参考なれば】 5000形画像の記事で掲載したものの再掲になります。

Magome_199507b

車庫を横断するように架けられている人道橋から撮影したものです。中央のヘッドマーク装着車は最後の営業運転を務めた編成です。営業運転最後の1週間ヘッドマークを掲出していました。

Magome_199507c

車庫に隣接している第二京浜道路(国道1号線)から車庫が見える位置より撮ったものです。上の画像の前に撮影しており、5000形の停止位置が同じです。

手前の2編成、建屋から少し顔を出すように停車するのが所定なのでしょうか。

車庫の奥は住宅地になっています。大田区の馬込は高低差の大きい土地でして、車庫の奥はかなりの段差になっています。

Magome_199507a 車庫内一般公開時に撮影したものです。真横からの画像ではありませんが、これで見ますと、ヘッドランプの高さ位置が5000形と5300形でほぼ同じように見えます。

1月3日の記事と同じ画像です。

これで、マイクロエースから7月に発売予定の、都営5300形Nゲージ完成品発売告知を契機に掲載してきた、5300形車両画像紹介記事を終わります。

2007年9月16日 (日)

【06】 五反田

Gotanda_5029_33t 《やむなく五反田で迎えることに》
今回は、北総開発鉄道との相互乗り入れ開始初日の1991(平成3)年3月31日に撮影した画像を紹介します。
 当日は残念ながら、高砂ですら現地訪問する余裕がありませんでした。そこで、当時住んでいた目黒に最も近い五反田駅ホームで撮影することにしました。

とは言うものの、地下駅での撮影は不慣れでして、当時所有していたコンパクトカメラ持参です。撮影はフラッシュを使っていますが、最後部車を狙い、車掌さんのドア開閉時とならないように気をつけました。   最後部であれば、五反田駅は階段やトイレとも無縁で人通りがなく、撮影向きの位置でした。この日は日曜日、人出の少ない早朝からの訪問です。

《表示方法は如何に!「千葉ニュータウン中央」行》
この日から北総・公団線へ乗り入れる都営車と京成車が「千葉ニュータウン中央」という文字数の多い駅名を、どのように表示するのか?それを確認することが早朝訪問の最大の目的でした。これまでの5000形での行先表示は最大4文字でした。(「東日本橋」「成田空港」成田空港は使用実績はないと思われます)

京成線には「千葉中央」が存在しますので、京急線お得意の省略表示(神奈川新町を「新町」)もできないはずなので、どのようにするのだろうと思っていました。
 そこへやって来たのが、この行先表示です。ニュータウンを2段表示に脇を漢字2文字ずつに収めるという、窮屈ながらも「千葉中央」との違いもわかりやすい表示となりました。 ちなみに京成車の場合はこちらへ。

1991(平成3)年3月31日6:29撮影 休日の33Tは6両編成で、西馬込6:22発千葉NT7:46着の運用からスタートし、千葉NTー川崎間を4往復。千葉NT21:21発西馬込22:43着の後、さらに泉岳寺まで1往復してから西馬込着23:24で入庫でした。 休日の西馬込発千葉NT行都営車では33Tは2本目、1本目は西馬込5:27発の13Tでした。(初発には間に合いませんでした)

1991年3月改正時の、北総線直通休日ダイヤに関してはこちらへ

▼5029-5030は1962(昭和37)年5月浅草橋-東日本橋間開業向け2次車で登場(ナニワ工機製造)、1994年6月29日廃車。

続きを読む "【06】 五反田" »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO