2008年1月 3日 (木)

【参考になれば】 5000形車両画像

私は鉄道模型の制作をしないものですから、模型の資料目的の視点で車両を撮ることがありません。最近になって、模型資料のための写真撮影がどのようなものなのかを知った程度です。

都営5000形で検索されている方の中には、キット組み立て・模型制作のために、このブログを訪れた方もいらっしゃると思います。地味な車両だけに、鉄道模型雑誌において、参考になるようなアングルの写真が掲載されたことはなかったと記憶しています。先月(平成19年12月)発売の雑誌『とれいん』誌上の「MODELERS FILE」で、 東京都交通局 10-300形 +10-300R形+10-000形が取り上げられています。5000形にも、このような企画記事が掲載されていたら是非見てみたいです。

参考になるかどうかはご覧いただく方におまかせします。連結面やら扉を大写しにした画像はありませんが、資料になるかも画像を紹介します。特記以外は5000形現役最後の日、撮影用に公開された馬込検車場で撮影したものです。気持ち、床下機器もわかる程度に明るく補正しています。ですので、色は参考になさらないでください。

台車の画像は、検索したところ、近畿車輛のシュリーレン台車の画像を紹介しているHPにありましたので、書き留めておきます。

01_01_7bc この画像は、検車場内での撮影後、敷地外に出る際に撮影したと記憶しています。

最期の時期は稼動機会も少なかった割には、予想以上に多くの車両が留置されていました。

01_01_4bch パンタ装備中間電動車です。
押上→西馬込方向で左側側面になります。

01_01_6bc パンタ未装備の制御電動車です。
押上→西馬込方向で左側側面になります。

続きを読む "【参考になれば】 5000形車両画像" »

2007年9月19日 (水)

【5000形の塗装】

保育社のカラーブックス『都営地下鉄』(1982.12初版・1987.12重版)を読んでいたら、5000形の塗装に関する記述がありました。参考に、こちらに記載しておきます。

同書の執筆者、山田玉成さんは、発刊当時東京都交通局の車両部長を務めていらした方です。

《5000形の塗装》
【登場時の旧塗装】

ステンレスの飾り金に縁取られた90mm幅のメタリックシルバーの帯
上部がタウンベージュ 下部がタンジェリン  

【1981.7.10 塗装変更後=引退時の塗装】
ライトタウンベージュの車体に360ミリ幅のタンジェリンの帯 

(塗装変更理由)
イメージの一新、補修費の軽減、軽快でフレッシュな感覚を表現、地下鉄ラインカラーを考慮、視認性の保持、塗装工程の短縮、塗料種類の減少による作業の効率化

◇参照文献
○山田玉成・諸河 久、『日本の私鉄21 都営地下鉄』カラーブックス 589 保育社(1982.12.5初版 1987.12.1重版)

(勝手なコメント)
地下鉄ラインカラーは、都営浅草線は桃色でしたので、それに近い色を全体に纏うようにしたものと感じます。  

続きを読む "【5000形の塗装】" »

2007年9月16日 (日)

【千葉ニュータウン中央の行先表示】

Yotsugi_3113_91k_newtown  《京成車の場合》
“ニュータウン”を大きく、“千葉”と“中央”は読み取れない程小さな文字で表示していました。

京成線には1987年4月に「京成千葉」から改称した「千葉中央」があり、行先表示としても頻繁に表示されていました。場所は大きく異なるけれども、混同防止を図ったものと思われます。

3113号車 四ツ木駅

北総線乗り入れ開始当初、京成赤電スタイルの前面を保つ3100形も、4両2本連結の8両編成で運行されていました。

京成赤電のうち、前照灯の位置を窓下に下げる更新工事をした3150形は、後に北総へリースされましたが、3100形は北総へリースされることはなく、北総カラーの3100形は登場しませんでした。

Yotsugi_5101_23t_newtown

《都営車の場合》
“ニュータウン”を2段表示として、“千葉”と“中央”を両脇で固める表示方法をとりました。

5000も5200も文字の配置は同じでした。5200の側面は‥確認するのを忘れました。

5101号車 四ツ木駅

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
電車画像 Powered by SEO